ライフアシストについて

代表あいさつ代表あいさつ

湖山医療福祉グループ代表
湖山 泰成

湖山医療福祉グループは北は北海道から南は島根県に至る全国各地で広域的に医療・介護・福祉事業を運営しております。
ご承知のとおり、日本は世界に類を見ないスピードで超高齢化が進んでおります。
そのような中、2000年4月に介護保険制度が施行。以降、多くの事業者が福祉業界に参入してきました。

多くの業種からの事業者参入にあって、湖山医療福祉グループは高齢者医療・介護・児童福祉の専業として、意欲にあふれた地元の若者採用や、現場の職員自らが企画立案した施設で地域の慣習に沿ったサービス提供を大切にするなど、地域に寄り添い、地域に根差した施設運営をすることで、結果として地域の皆様よりご支持いただき、27法人・207サービス拠点・520事業所(2016年7月末日現在) を有するまでに成長いたしました。

また個々の施設運営においては、各施設が地域No.1の施設づくりをめざし、これまでに職員の見聞を深める「海外研修」の実施、個別ケアの質向上をめざす「こやまケア」の研修活動、若いアーティストが作品を通じお年寄りと心を通わせる「アートボランティア活動」、またISO9001(品質マネジメントシステム)の導入 など様々な取り組みを行って参りました。

そして2013年度からは施設で働きながら介護関連の資格取得やスキルアップが可能となるKOYAMA Collegeを開校、デイサービスにセラピストを常勤で配置し機能訓練に特化した事業モデル“アルク”の推進など、職員の教育、お客様のニーズのあるサービスを提供するなど「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」の理念の実現に向けた湖山医療福祉グループらしい、今までにない事業を創造します。

組織をつくれば人が変わったとしても運営できることを組織としては一般的に指向しますが湖山医療福祉グループは『この人だからこそできる』施設の起案、サービス運営を根幹とします。
そのことが結果として理念の実現のためには欠かすことができない要素であるからです。

今後は若い職員の教育機関としても力を注ぐとともに、日本において予想される社会の構造変化に耐えうるよう、柔軟性をもつ組織をめざします。

そして、全国各地に点在する湖山医療福祉グループ職員の総力を投入して、お客様に選ばれる施設づくりに邁進したいと考えております。

湖山医療福祉グループ代表 湖山 泰成

詳細はこちら

自立支援介護

「単なるお世話型の介護」から「自立支援介護」へ、積極的に取り組んでいます。

くわしくはこちら

あしすとアカデミア

専門的な技術をお持ちの講師の方から学んでみませんか?

詳細はこちら